愛知県尾張旭市・瀬戸・長久手の産婦人科です。日進市、小牧市、春日井市、名古屋市、名東区、守山区、尾張からも好アクセス。

お気軽にお問い合わせください 0561-55-3800 9:00〜11:30、16:30〜19:30

お気軽にお問い合わせください 0561-55-3800 9:00〜11:30、16:30〜19:30

愛知県尾張旭市・瀬戸・長久手の産婦人科です。日進市、小牧市、春日井市、名古屋市、名東区、守山区、尾張からも好アクセス。

愛知県尾張旭市 産婦人科 いしかわレディースクリニック

分娩室

産科

obstetrics

妊娠・出産・育児、それは、喜び・希望の光・母性の目覚め、まさに生命の神秘です。しかし、時として生命をも脅かす脅威ともなりえます。そこで、いしかわレディースクリニックでは、予防に努め、訴えに耳を傾け、異常をいち早く察知し、早期の治療を行います。

健診について

妊婦健診

妊婦健診

愛知県内の公費無料券をお使いいただけます。(他府県の場合は、各都道府県担当部署にお問い合わせ下さい)所定項目を検査したうえで、必要に応じ生活指導・食事指導などをいたします。

他府県の場合は、各都道府県担当部署にお問い合わせ下さい。

4D超音波検査

4D超音波検査

妊婦健診では毎回超音波検査を行います。常にお腹の赤ちゃんの健康状態や異常の有無を観察します。超音波検査画像は、記録としてお渡ししています。

プレイボタン
プレイボタン

最新の超音波診断装置で、赤ちゃんの様子を立体動画(4D)で見ることができます。ご希望の方には、超音波検査の動画をQRコードで記録いたします。4D超音波により、立体で動いている赤ちゃんを見ることができ、愛情がより一層深まります。

産褥健診

産後約1ヶ月前後に診察をします。悪露の状態、子宮の戻り具合、母乳の状態などを診ます。母乳育児を奨励していますので、母乳分泌の良くない場合はご相談下さい。

*名古屋市在住の方は、産後2週間前後も診察を行います。

分娩について

分娩室

出産直後の赤ちゃんの様子は、モニターで見ることができ、赤ちゃんの状態が落ち着きましたら、抱っこして頂けます。カンガルーケアご希望の方は、赤ちゃんにモニターを装着したまま、短時間抱っこができます。(安全なカンガルーケア)

出生間もなくは、赤ちゃんの体の機能は劇的に変化します。時にはリスクの感じられない自然分娩だったとしても、なにが起こるかわかりません。その為、当院では、予防に努め、早期に異常を発見し、迅速で適切な対応を心がけております。

バースサポートシステム(BSS)

プレイボタン

陣痛は辛いもの、でもお産を順調に進めるためにはリラックスすることが大切です。バースサポートシステム(BSS)は、陣痛に合わせて照明や音楽が変化し、リラックスすることで痛みを緩和してくれます。陣痛がない時は、モニターにはイルカが泳ぎ、青い照明と波の音は、まるで海の中にいるような感覚になります。陣痛がくると、照明はやや明るくなり、音は呼吸誘導音に変わり、陣痛の痛みを逃してくれます。生まれる直前は、照明が黄色から赤色に変化し、力強く生み出す力と元気を与えてくれます。

自然分娩

当院では、異常がない場合は、自然に分娩が進行するのを見守り、出来る限りご希望に沿うようにいたします。分娩経過は人により大きく違い、適切な方法も異なります。分娩がスムースに進行し、安全に赤ちゃんを産むために、ひとりひとりに合った最適な方法を提案し、指導いたします。

無痛分娩(和痛分娩)

無痛分娩の方法やリスクなどは、母親(両親)教室で詳しくご説明いたします。無痛分娩を受ける場合は、必ず同意書が必要ですからご注意下さい。

波間に漂いながら、夢見心地のお産を体験しませんか クリニックの無痛(和痛)分娩について

当クリニックでは開院以来、硬膜外麻酔による無痛分娩(560例)と開院2年後から吸入麻酔による無痛分娩(466例)を行ってきました。
しかし昨今、硬膜外麻酔による無痛分娩の危険性が指摘されています。
そこで当院では、できるだけ危険性の高い硬膜外麻酔は避け、安全性の高い吸入麻酔による無痛(和痛)分娩を推奨しております。

BSS(バースサポートシステム)との併用により、より無痛(和痛)効果が高まります。(硬膜外麻酔は、希望される経産婦さんで計画分娩のみ行っています)

実際、開院5年後より吸入麻酔を受ける方が多くなり、現在までその状況は続いており、好評をいただいております。

吸入麻酔と硬膜外麻酔の比較
吸入麻酔 硬膜外麻酔
効果が得られる時間

数分

最短15分

危険な合併症

なし

局所麻酔中毒
全脊髄麻酔
極度の血圧低下
(いずれも母児の生命に係わる合併症)

麻酔の手順

マスクを口に当てるのみ

背中に太い針を刺し、狭い空間に止め、薬またはチューブを挿入
(肥満、背骨の間隔が狭い場合、できないことがある)

分娩への影響

いきむ力が弱くなる

いきむことができなくなる
腹部の圧迫、吸引又は鉗子分娩が多くなる
分娩時間が長くなる

赤ちゃんへの影響

なし

麻酔時間が長く、薬の量が多くなると、哺乳力が悪くなる

鎮痛効果

中等度

強い

対象者

全妊婦さん

希望される経産婦さん(計画分娩のみ)

帝王切開

必要に応じ、予定帝王切開、緊急帝王切開など、いつでも対応できる体制を整えておりますのでご安心下さい。

助産師外来

助産師外来

母親(両親)教室で、当院の推奨する分娩方法や育児方法、産後の過ごし方についての詳しい内容(バースプラン)を書面でお渡ししております。推奨する方法以外で特別なご希望があれば、助産師外来を受診してご相談下さい。

母乳外来

母乳外来

「母乳で育てたい」そんな希望にお応えしたいと思っています。しかし、吸わせていれば魔法のように母乳が分泌されるわけではありません。そこで当院では、助産師による指導や助言・マッサージ、医師による投薬、鍼灸師による乳汁分泌促進の鍼灸治療を行っています。

ひとりひとりに合った適切な方法を提案させていただきます。乳房が固い・赤い・痛む・高熱がある、このような症状は乳腺炎の可能性がありますので、早めにご相談下さい。

ページトップ